専門家に頼む

浮気

パートナーが不倫をしてしまい離婚するといった場合、話し合いには弁護士などの専門家に頼むことをオススメします。弁護士など士業の人を挟まずに慰謝料や離婚の手続きを行う人も多くいますが、話し合いの最中にトラブルになってしまったり後から問題になってしまうケースも多くあります。専門家を間に挟んで話し合うことがトラブルを避けることにもつながります。特に不倫での離婚は、パートナーや相手への慰謝料や財産分与、養育費など様々なお金や法律の問題が絡んできます。不倫されて苦しいため早く離婚したいという気持ちもわかりますが、子供のことや住居、仕事などのことを考えるとしっかり対策していく必要があります。具体的なメリットとしては、不倫相手やパートナーと直接交渉をせずに弁護士が代理で交渉することができたり、調停や裁判になった時など代理人として出席するなどのメリットが得られます。しかし、弁護士に依頼をしたことがなくどうしたら良いのかわからないという人も多いと思います。そんな時には、まず無難な探し方として身内や友人・知人などに紹介してもらうことが挙げられます。お互いにどのような人なのかを分かっていれば話しやすく、先方も聞きやすいといメリットがあります。選び方としては、話をよく聞いて深く理解してもらえるか、法律の意味や内容などを説明してくれるか、不利な点も指摘してくれるかなどが、自分にあった弁護士を選ぶ重要なポイントです。