会計業務を外注する

計算

会計コストを削減する

会社の運営コストをいかに節約するかという問題は、会社の規模に関係なく、全ての経営者が共通して持つ至上命題です。業務内容ごとに複数の部署に分けられているのが普通ですが、大きく分けると、利益を生み出す部門と、直接的には何の利益も生み出さない部門の2種類に分けることができます。後者はいわゆるアドミニストレーション部門ということになりますが、このアドミニストレーション部門の運営にかかるコストはできるだけ低く抑えられるに越したことはありません。そのための具体的な方法として近年注目されているのは、会計業務を税理士事務所にアウトソーシングしてしまうという方法です。大阪には企業向けのサポートサービスを提供している税理士事務所がたくさんあり、大阪にある中小企業の多くがそのサービスを利用しています。提供されているサービスの具体的な内容は税理士事務所ごとにマチマチになっていますが、大阪では、決算業務や確定申告業務だけでなく、日常的な会計業務も全て引き受けてくれるタイプのサービスが人気になっています。税理士事務所に会計業務を丸ごと外注してしまうことができれば、経理担当者を雇用しておく必要がなくなります。会社の経費の中で大きな割合を占めているのが人件費ですが、経理担当者の人件費を丸々浮かせられるようになるため、とてもお得になります。もちろん税理士事務所に料金を支払う必要はありますが、社員の雇用によって発生する人件費に比べれば、ほんの微々たる金額です。そのため、大阪では税理士事務所に会計業務を外注する会社が年々増加してきています。もちろん大阪で営業している全ての税理士事務所がこの種のサービスを提供しているわけではありませんが、インターネットを利用すれば、このサービスに対応している事務所を簡単に探し出すことができます。